コールドプレスジュースとは?市販の野菜ジュースとの違いは?効果やメリットを解説

コールドプレスジュースとは?市販の野菜ジュースとの違いは?効果やメリットを解説

サンシャインジュースのジュースは、日本各地から取り寄せる選りすぐりの素材を使い、100%植物由来・100%自然由来で、コールドプレス製法で搾る、とてもシンプルなジュースです。今回は、「コールドプレスジュースって何」ということについて、コールドプレスジュースのメリットや効果、一般的な野菜ジュースとの違いはどこにあるかなどをご紹介します。

コールドプレスジュースとは

コールドプレスジュース

まず、コールドプレスジュースとは、素材に熱を加えず生のまま(コールド)、強い圧力をかけて(プレス)、素材が持っている水分を搾り出すジュースです。このプレスの工程がとても大切です。

なお、コールドプレスジュースはいわゆるスロージュースと呼ばれるジュースとも厳密には異なります。スロージュースは、遠心力を利用して素材の水分をはじき出す製造方法のためプレスする工程がありません。そのため、素材が持つ水分や栄養素を十分に抽出できない可能性があります。

素材に強い圧力をかけて(お店の機械は約5t!)素材が持っている水分を搾り出し、添加物や水分は加えずに素材の水分のみで作るのがコールドプレスジュースです。

コールドプレスジュース

サンシャインジュース では、ボトルジュース1本(400ml)のコールドプレスジュースを作るのに、1㎏以上の素材を必要とします。また、不溶性繊維質を分離した完全液体状態なので、体が消化を必要とすることなく内臓に負担をかけず効率的に栄養吸収ができるのが大きなメリットです。

 

市販の野菜ジュースとの違い

小売店などに並んでいる一般的な野菜ジュースは、多くの場合、高温で長時間加熱されています。例えば、「1日分の野菜を使っている」ことが書かれていても、「1日分の野菜の栄養が生きたまま入っている」わけではありません。また濃縮還元も、素材を粉砕し、食塩などと調合し、高温で濃縮した後に水分で希釈されていることがほとんどです。高温で長時間加熱されると熱に弱い栄養素や素材の味わいが損なわれるため、あとから化学的に合成された栄養素や糖分などが添加されている場合もあります。化学的に合成されたビタミンと自然のビタミンは、まったく違う働きをすることが近年わかってきていますが、メディア等で紹介されることはほとんどありません。

 

コールドプレスジュースのメリット

コールドプレスジュースのメリットは、大きく2つです。まず、大量の野菜の生きた栄養を一気に摂取できること。つぎに、不溶性繊維質を分離している液体の状態だから体に消化の負担をかけることなく効率的に摂取できること。

せっかく飲むならば本物を、本当に体が喜ぶものを飲んでほしいとサンシャインジュースは思っています。できるだけ定期的にサンシャインジュースから自然の力を取りいれてみてください。味覚も感覚も生活も変わると思います。

ジュースのご購入はこちら

店舗メニューを見る


この投稿をシェアする



人気記事をご紹介