今話題になっている「プチ断食」について。

今話題になっている「プチ断食」について。

今話題になっている「プチ断食」について!

近年アメリカの研究では、断食が若さや健康を保つ秘訣と言われており、体重や体脂肪の減少、また糖尿病やがんなどの生活習慣病の予防に効果があることがわかってきました。

日常の中で「空腹の時間」をつくることが大切なのです。

 

1日3食しっかり食べていると内臓は休むことなく働かなくてならず、内臓は疲れてしまいます。内臓は疲れると働きが鈍くなり、栄養をきちんと吸収できなくなり、老廃物も排出しずらくなってしまいます。結果、腸内環境が悪くなり免疫力が低下したり、病気にかかりやすくなってしまいます。なので「空腹の時間」をつくることで内臓を休ませて働きをよくし、リセットさせることが大切になるのです。

 

では、「空腹の時間」をつくるとカラダにどのようなことが起きるのか。

「空腹の時間」が10時間続くと肝臓に蓄えたグリコーゲンがなくなり、体内の余分な脂肪を分解し始めエネルギーに変えようとします。なので「空腹の時間」が長いほど体内の余計な脂肪が分解され、減少していきます。内臓脂肪は皮下脂肪に比べて落ちやすい特徴があります。また血流もよくなるので、高血圧などにも効果があります。

 

次にプチ断食の最大のメリット、オートファジー。

16時間続くと古くなった細胞を新しい細胞に再生し始めると言われています。この細胞が活性化しはじめることをオートファジーといいます。オートファジーが発動することがプチ断食の最大のメリットなのです!細胞が新しく生まれ変わることで、カラダに不要な老廃物を排出、そして生活習慣病などの病気になりにくくなり、免疫力を上げ、肌や筋肉の老化防止効果もあり、体内からアンチエイジングできるのです。そして体内リセットができるのです。

しかし、オートファジーを発動させるためには空腹の時間つまり食事をしない時間を16時間作る必要があるのです。この16時間の空間時間がないと細胞の再生ができないのです。

 

そこでストレスなくプチ断食ができる方法をお伝えしたいと思います!
それは、朝または夕食を栄養満点のコールドプレスジュースにすること。夕食か朝食をジュースにすれば睡眠時間と合わせて16時間固形物を食べない時間を作ることは難しくありません!コールドプレスジュースは消化に負担をかけずに栄養だけを吸収でき、ジュースを飲むことで満腹感も得られます。ぜひ栄養満点のサンシャインジュースを取り入れて日々の生活の中で「空腹の時間」をつくり、体の変化を感じてみてください。


この投稿をシェアする



人気記事をご紹介