クレンズ前後の準備・回復食について!

クレンズ前後の準備・回復食について!

クレンズについてよくご質問いただくのが準備食や回復食についてです。

前後のお食事を意識する事でクレンズの効果はぐっと上がるので是非試していただきたいです。

いきなりクレンズを始めてしまうと脳が「低栄養状態」「飢餓状態」と認識してしまいます。そうなると強い空腹感を感じたりエネルギーやミネラル不足と判断した結果、頭痛や吐き気、腹痛といった症状を引き起こすこともあります。(普段カフェインをたくさん摂取している方は、カフェインからの離脱によって頭痛が起きることも多いです。)

またクレンズ終了後に急に元の食事に戻してしまうと消化器官に大きな負担がかかってしまうだけではなく、休養して吸収が高まった内臓の状態に沢山の栄養が入る事でリバウンドの原因にもなります。

クレンズ開始前と終了後にそれぞれクレンズをした日数と同じ「準備期」「回復期」を作る事がおすすめです。

(1)徐々に食事量を変える(準備期は減らしていき回復期は元に戻していく)
(2)消化が良く良質な栄養を摂れる食事を心がける
(3)カフェインや刺激物、アルコールやサプリメントなどを控える。

この3つを意識してなるべく体に負担をかけずにクレンズをする事で、効果を感じやすくクレンズ中のさまざまな不調を予防して習慣的に取り入れやすくなると思います。

サンシャインジュースではオンラインショップと恵比寿店で販売しているスープとカレーを準備食、回復食としておすすめしています。
こだわって作られた質が高い国産野菜をたっぷり使った、100%植物性の体に嬉しいビーガンスープとビーガンカレーです。
こだわりの国産野菜をたっぷり丸ごと使うので、野菜の皮や根に多く含まれるという機能性成分フィトケミカルや不溶性食物繊維も体にかかる消化の負担を抑えながらしっかり摂ることができます。
冷凍庫にストックしておけば、食べたい時にいつでも温めてすぐにお召しあがり頂けます。

メニューのご紹介です。

かぼちゃ生姜味噌スープ

(1パック92.5kcal/タンパク質量2.5g)

トマトレンティルスープ

(1パック180kcal/タンパク質量7.25g)

海苔ゴマれんこんスープ

(1パック122kcal/タンパク質量4g)

ビーツとココナッツのカレー

(1パック230kcal/タンパク質量4.75g)

ケールとひよこ豆のカレー

(1パック220kcal/タンパク質量5.75g)

クレンズ前後のお食事が楽しみになる美味しさと、しっかり栄養を摂りながら内臓を労ることのできるスープ、カレーを是非取り入れてみてください。

スープ・カレーの購入はこちら


この投稿をシェアする



人気記事をご紹介