ジュースクレンズの効果的なやり方、5つのおすすめ

ジュースクレンズの効果的なやり方、5つのおすすめ

サンシャインジュースの人気商品「ジュースクレンズ」。効果やメリットはわかるけれど、どうやって飲むのが効果的なの?とよく聞かれます。今回は、クレンズの飲み方についてご紹介します。

 

飲み方1:ジュースを飲む順番にこだわらず、無理なく過ごしましょう

クレンズ中は、固形物を取らずに、カフェインやアルコールは控え、コールドプレスジュースとビーガンスープまたはビーガンカレーだけで静かに過ごしましょう。また、ジュースと同量の水分を取ることも心がけてください。冷えが気になる方は、白湯やノンカフェインのハーブティなどを飲むとよいでしょう。なお、ジュースを飲む順番にこだわる必要はありません。サンシャインジュースが提案するスケジュールはあくまでも目安です。クレンズ中は、固形物を取らずに内臓を休ませながら、ジュースで栄養を摂ることが大切なので、ご自身のライフスケジュールや体調にあわせてお好みの順番でお飲みください。

 

飲み方2:前日からの準備食が大切

クレンズを行うときは、クレンズの前日からの準備も行うとより効果的です。なぜなら、日ごろしっかり食事を取る方がいきなりクレンズで断食をすると、体が驚いてしまうこともあります。なので、前日から、スムージーやサラダ、ローフード、水分の多いお粥など体にかかる負担が少ないナチュラルなものを取り入れるようにして、徐々に体を慣らしていくと良いでしょう。

 

飲み方3:翌日からの回復食も大切

また、クレンズ後の過ごし方も、クレンズの効果をより深いものにするためには大切です。クレンズが終わるといきなり元の食事に戻される方が稀にいらっしゃいますが、それはおすすめできません。クレンズ中に遠ざけることができた過剰な動物性たんぱく質や添加物などは、引き続きできるだけ距離を置きたいですし、クレンズによって胃のサイズも本来あるべき適切なものになっています。したがって、クレンズ後は大量の食事を体内に入れることは避けた方が良いでしょう。準備食同様、スムージーやサラダ、ローフード、水分の多いお粥などで体を徐々に戻していくのが理想的です。

 

飲み方4:月に1回取り入れる

クレンズは一回で終えるのではなく、定期的に行うのがおすすめです。サンシャインジュースでは月に1回の1日クレンズ、スケジュールが難しい場合は2週間に1回半日のクレンズを取り入れるのをおすすめしています。通常の食生活をしていると日々内臓は休みなく働き続けることになります。お酒を飲む方が休肝日を設けるのと同じように、胃腸にも休みを与えることが大切です。

 

クレンズは、私たちの生活にメリハリをつけて、体に休みを与えるものです。無理に行うのではなく、自然に取り入れることで習慣となれば、毎日を健康に過ごすことができるでしょう。

クレンズ紹介ページへ


この投稿をシェアする



人気記事をご紹介