SUNSHINE JUICE

Farm to Bottle

Farm to Bottle

2015.01.14


サンシャインジュースの人気素材のひとつで、”飲む輸血”とすら言われる奇跡の野菜「ビーツ」。
サンシャインジュースが現在使っているビーツのひとつは、長野県蓼科の農家さんで生産されています。

この農家さんでは、「自然循環農法」と呼ばれる、化学肥料や農薬が使われ始める前から行われている農法で野菜を栽培しています。草堆肥にこだわり、堆肥になる草も農薬汚染がなく、太陽の自然エネルギー(SUNSHINE!!)がたっぷりの草を堆肥として使用して、さらに、自然界に存在する土着菌を使って、じっくり時間をかけて作られる堆肥を使って作られます。

蓼科の気候を最大限に活かしながら、栽培方法や使う肥料にこだわって作られたパワフルなビーツをたっぷり使っている、「アーシービーツ」「アイアンマンズフェイバレット」、そしてウィンターメニュー「ホットビーツ」。ぜひサンシャインジュースでお試しください。サンシャインインダボトル!

The organic beets we use now are from Tateshina, Nagano. They are focusing on making high quality compost by themselves with organic grass, (with lots of SUNSHINE) and organic bacteria, to produce the organic, nutrient rich beets that we use at Sunshine Juice Ebisu. Beets are known as one of the worlds healthiest foods and are great source of iron magnesium, and fiber. at Sunshine Jucie we have “Earthy Beets” “Ironman’s Favorite” and signature winter menu, “Hot Beets”. Come and have a bottle, enjoy the natural power from Nagano!

-
MORE ARTICLES
-