SUNSHINE JUICE

クレンズのススメ#2「ジュースクレンズで太らない食生活を習慣化」岡田右京さん

クレンズのススメ#2「ジュースクレンズで太らない食生活を習慣化」岡田右京さん

2020.03.19


クレンズを実践し、その良さを体感して頂いている方々にサンシャインジュースがインタビューさせて頂く「クレンズのススメ」。様々なジュースクレンズの取り入れ方を、不定期連載でご紹介いたします。
———————————–
職業柄、夜の会食が多く、どうしても食生活が不規則になりがちだという岡田さん。

 

以前は、朝は軽めだけどお米を食べ、昼はパスタやカツ丼、夜は会食。
さらにそこからご自身が経営するお店でお酒を飲み、最後に〆でラーメンを食べてしまう事も度々あり太っていた。

痩せるために試しにジュースクレンズをしてみたら、3日で4.1kg落ちた。
その後2日クレンズをして更に2.5kgダウン。
その前からの食事調整で半年で10kgのダイエット。
2.5kgほどは戻ったもののそのレベルで維持できていて、自然と食生活のスタイル(リズム)ができあがった。

 

クレンズで痩せてからはリバウンド防止のためにも、朝は味噌汁程度でほぼ食べず、昼は蕎麦中心で少なめ、夜は好きなものを食べるけれど寝る直前に食べることは避ける。
夜食べてから15時間あけるように意識するようになった。
たまに深夜のラーメンを食べるけれど、そんな時はそこから3日ほどかけて元に戻すように心がけている。

 

ジュースクレンズでリフレッシュする感覚が気持ちいいし、ジュースをうまく使って食生活のバランスを取る方法がわかったので、太ることはもうないと思う。
13年前に禁煙していまだに続いているけれど、続けることを習慣化するという面でダイエットも似ていると思う。

 

あと痩せてから白いTシャツを意図的に着るようにしている。
お腹がでて恥ずかしい思いをしないように自分で気をつけることができるから。

 

岡田右京
飲食店 店主。麻布十番と恵比寿でトリュフたまごかけご飯と日本酒の品揃えで有名な「十番右京」、自らDJもする歌手や芸能人が多数来店するJ-POP BAR「歌京(麻布十番)」、昨年オープンしたばかりの自然派ワインを中心とした立ち飲みの「右京堂(麻布十番)」の4軒を経営する。

-
MORE ARTICLES
-
English 日本語